むし歯と歯ならびの関係

ちっちゃな歯がならんでる、お口の中にも、
いつか、おとなの歯が生えてくるよ。
それまでに、お口の中をキレイにしておこうね。

とても大切な「6歳臼歯」

永久歯の中で一番最初に生えてくるのが6歳臼歯(第一大臼歯)です。この歯はとても大切な重要な歯で、人間が噛む時のあごの力が最も強くかかる場所になります。成人のむし歯治療においても、この第一大臼歯の咬み合わせをどのように保つかによって、お口全体の咬み合わせのバランスが変わってきます。

6歳臼歯をむし歯から守るために

6歳臼歯は、生えてくるのにとても時間のかかる歯です。上の歯で約1年、下の歯はそれ以上時間がかかります。また、この歯の咬み合わせの部分はとても溝が細かく複雑になっています。この6歳臼歯をむし歯から守りきれるかどうかは、お子さんの口内の健康を一生左右することにもなりますので、歯医者さんとご相談の上、フッ素やシーラントといった予防の処置を行っておくのをお勧めします。

気になる歯ならびは早めの相談を

永久歯の生え方や生えてくる場所は、ある程度乳歯の歯ならびにも影響されます。人間の成長には乳幼児期に大きな動きがありますので、この時期にはお顔や顎周りの発育も大きくなります。この頃までに指しゃぶり、舌癖などの習慣はなくなるように指導しましょう。歯の裏から永久歯が顔を出してないか、咬み合わせがずれてないか、気になるときは早めに歯医者さんに相談してください。