お口の中をコントロール

あま〜いお菓子ばっかり食べていると。
すっぱい、すっぱい雨が降るよ。
お口の中が、ベトベトになるよ。

むし歯菌は甘い食べ物が大好き。

ミュータンス菌が食べるのは、食物に含まれている糖分です。糖分を摂取したミュータンス菌は酸やグルカンを出して、歯を溶かしたり、歯垢を作ったりします。毎日のお食事にはだいたい糖分が含まれていますので、お食事をしたあとのお子さまのお口の中は、酸性値が上がった状態になっています。

お口を守るだ液の持つ緩衝能

この酸性になったお口の中を元に戻しているのが、だ液の役割のひとつです。だ液には酸性を緩衝するリン酸塩などが含まれていて、ゆっくりとお口の中をもとの状態に戻してくれます。この緩衝が働いて、酸で一度溶けかかった歯もゆっくりと元に戻っていきます。ミュータンス菌の酸で歯が溶けていく事を「脱灰」、それが元に戻っていく事を「再石灰化」と言います。まただ液には、お口の中に残った食べ物のカスや汚れを洗い流す作用もあります。

間食ばっかり取っていると。

酸による「脱灰」と、だ液の緩衝能による「再石灰化」。これを毎日の食事の中で繰り返しながら、歯は健康に保たれています。ところがあまりにも間食が多いと、だ液による緩衝が間に合わなくなって、むし歯ができてしまいます。また菌や老廃物が固まった歯垢を放っとくと、その部分はだ液の緩衝が届きづらくなって、むし歯になりやすくなります。

寝る前の歯磨きは大切です。

人が眠っているときは、だ液の量が起きているときよりもだいぶ減ってしまいます。そのためお口の中の細菌も繁殖しやすくなり、歯垢もできやすくなります。お休み前のブラッシングは、ご家庭でできる一番のホームケアです。お子さまの年齢や歯の状態に合わせて、やさしくていねいにブラッシングを行いましょう。