どうしてむし歯はできるの?

むし歯をけずって。治して。むし歯菌はそのまま?
それって、本当はおかしいよね?

むし歯の原因をなくすためのアプローチ

むし歯の原因は、お口の中のミュータンス菌が出す酸です。このミュータンス菌が多かったり、お口の酸性値が高かったりしたまま、できたむし歯をけずって治しても、また今度は別の場所にむし歯ができてしまいます。むし歯の治療で本当に大切なのは、お口の中の環境を「むし歯ができにくいように」コントロールすることなのです。

むし歯菌は、どこからやってくるの?

本来、赤ちゃんのお口の中には、ミュータンス菌は居ません。ミュータンス菌は固い物質に付着して増殖しますから、歯の生えていない赤ちゃんのお口の中では増える事ができないのです。赤ちゃんに歯が生え始めた頃、ミュータンス菌は外界からやってきます。特にお父さんお母さん、お兄ちゃんお姉ちゃんといった「いっしょに生活するご家族」からの感染が一番の原因です。お子さんのむし歯予防を考える上で、とても大切なことは親子での予防、家族内感染の予防です。生まれたばかりの赤ちゃんに生えてきた初めての歯は、とってもデリケート。なるべくミュータンス菌にさらされないように気をつけましょう。

むし歯菌を完全に退治する事ができるの?

一度お口の中にすみついたミュータンス菌を、完全に退治する事は非常に難しいと言われています。でも、菌の量、種類、菌が出す酸の量など、これくらいなら大丈夫という適正値があります。この適正値を越えて菌の量が多かったりする子は、むし歯を治療しても治療しても、次から次にむし歯を作ってしまうのです。まずはだ液の検査を行って、実際にどれくらいの菌がいるか、しっかりデータを取っておきましょう。